いぶき対コーディ

ウルコン選択、どちらでも化

例えば
※クラックキックをセビ前ステで鎧通し確定
※バットストーンに対しての破心衝(フェイクに注意)

端端
苦無でゲージ溜め、
とりあえず近づく

遠距離
石がうざい、フェイクがあるのでEX首折りリスクが高い。
とりあえず近づく

中距離
ダッシュは厳禁、コーディ側は見てからクラックキックで余裕で蹴れる
跳びに注意し歩きで近づく。
置き技
しゃがみ中P(首折り、中旋仕込み)>判定微妙だが持続が長くクラックを殴れる
巻き蹴り(弱旋)>振りがコンパクトで小足を蹴れるがクラックに負け
弱旋>判定が優秀、危険度が低い。
バットストーンの投げるモーションが見えたら破心衝、
フェイクがあるので石を持っているモーションでは打たないこと。
石を持っているモーションに対しEX首折りを出して石投げていれば確定。
スラも先端当ては有効、空振りすると小足で刺し返されるし、ちょいめり込みでもつじ小足で余裕の反確。

近距離
お互いダメージを取り合う距離、火力はコーディの方が上なので注意。
グラップに関しては全て立ちグラで、下手にしゃがグラすると狩られて4割持ってかれる。
3F以上空いてる連携なら投げれて美味しい。
しゃがグラつぶし連携はしゃがみ弱P>立ち中(どちらでも化)
最速じゃなくて気持ち遅めにすると潰しやすい。
頭砕きもグラつぶしとして優秀。

起き攻め
首折り、旋下段から
・ジャンプ攻撃
>J弱KやJ中Kの表裏見えにくいが前ダッシュで安定して避けられるので知らない人だけにやる。
・苦無起き攻め
>メインダメージソースキッチリ表裏をやること一回投げてみてガードの癖読み。
バクステで避けられても硬直に刺せるし、セビバクステでも同様。

前投げから
・立ち中P空振り~苦無
>全キャラ共通で裏になりやすい
・揚面空振り~苦無
>全キャラ共通で表になりやすい

上記二つは「なりやすい」っていうのがミソ、どっちも表裏になるので自分でも解らないこと多々ありw

あとは、たまにあくあ式を混ぜる。

後ろ投げから
・ダッシュ~強霞駆け
>裏
・中霞駆け~強霞駆け
>正面

裏に周ったほうが初見HIT率が高い

空中投げから
・ダッシュ~
>J苦無、表
>J弱K、裏

端の雷打から
>J苦無、表
>J弱K、裏
>中霞駆け~中霞駆け、表
>中霞駆け~強霞駆け、裏

強霞駆けは初見HIT率高し

対空
基本は揚面~からの定番、端近くなら雷打〆にして起き攻め
見えていて起き攻めをしたい場合は空投げ
めくりはダッシュや霞駆けで抜けた方が良さ気、個人的に近強K対空が負けやすい気がする。

リバサEXゾング対策
・相手の起き上がりの苦無にいけない場合
>立ち中P重ね>ガードが間に合う上、リバサバクステされても見てから中Kが刺せる。
>頭砕き重ね>お互い空ぶりしていぶきが先に動けるのでEXセビ対策にもなる。
>相手が起き上がる瞬間に垂直J>他の強気の選択指、投げやウルコン対策も兼ねる。

基本は中P重ねで良いかな?

※まとめ
とりあえずしゃがグラは封印。
むやみにダッシュはしない。
起き攻めは苦無。
EXゾングやグラつぶしを喰らうぐらいなら投げられていい。

コメント

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP