スト5バルログ、キャラ別処理知識(ちょっとずつ更新)

maxresdefault
Diamondまで上がったし、自分が使ってる下位処理知識書きます。
あくまで当たりやすい、勝ちやすいを纏めたものです。
世の中には自分が何故その行動をしたのか?
リスクリターン考え無いで格闘ゲームをやってる方もいますので、その辺りはご注意ください。

■予備知識

相手が知らないムーブはとことん甘える、代表的なものは下記

・強立爪スイッチ→グランドイズナ
・強立爪スイッチ→空中投げ(上を跳びで誤魔化す人用
・適当ノーマルバルセロナめくり
・適当EXバルセロナ
・端EXバルセ表裏
・素手タゲコンスカ投げ、素手タゲコンスカ暴れ潰し
・ノーマルグランドイズナ→J弱K or 前ステ→グランドイズナ
・スラクラカン→バルセ表裏orイズナ

■隆

・開幕エスパージャンプで開幕波動にリスクを与える
・立ち回りもエスパージャンプ、昇竜で2回落とされても1回通ればリターン勝ち
・立ちコパ対空には強攻撃で相打ち出来る距離、もしくはJ弱Kで勝てる距離を把握する
・近距離波動にはスラで相打ちダメ勝ち、状況有利を作る
・弱中オーロラガード後に真空確定なので注意、あえて打たせてゲージ吐かせるのもあり
・立中Pガード後に3F暴れ、中攻撃まで入れ込んでる輩にカウンター取れる、隆側の対策は①心眼or無敵、②下がり、③4F以下切替

①心眼or無敵:隆側のハイリスクハイリターン行動、やってきたら暴れない選択肢を混ぜてクラカンを取る
②下がりでスカして中攻撃〜:リターンとるなら中攻撃暴れで発生勝ちだがリスク大、こちらも下がりをすることで差し返しができる。
③4F以下切替:4F技なら相打ちで問題ない、隆の3Fは何もしないとこちらは当たらないので差し返し

・踵落としにも3F暴れ、立弱Pまで入れ込んでる相手に相打ちもしくは遅らせ打撃で差し替えし、その他遅い行動にヒットする。
・波動後に前ステが手癖の人には引付けEXゴロを当てれる。
・隆側のEXバルセ起き攻め対策は①心眼、②引付け中昇竜、③EX昇竜

①心眼:硬直に遅らせアタックもしくはイズナでポイ
②引付け中昇竜:最速と遅らせアタック使い分けでタイミングをずらす
③EX昇竜:持続が長く判定が大きいので負けやすいがカスヒット多し、ゲージ使わせたと思えばはOK。

・まとめ

波動を打てる、打ちたい状況を確認すること。
前歩き中は波動は何かしらで止まらないと打てない、
ノーモーション波動を打つには技空振やバクステ等でコマンドを隠すので相手の打ち方を見る。
エスパージャンプを混ぜ、上に意識を散らして玉にリスクを与える。
必ずフレーム差を理解し、3Fを擦る、起き攻めもセットプレイミス(対空昇竜後が狙い目)の隙間は見逃さない事。
相手スタン直前はパナす人が多いので下がりや、遅らせ投げ、遅らせ打撃を混ぜる。

■ケン

・開幕エスパージャンプで開幕波動にリスクを与える
・立ち回りもエスパージャンプ、昇竜で2回落とされても1回通ればリターン勝ち
・近距離一文字ガード後は素手立弱P→屈中P〜
・適当攻撃→奮迅脚〜はなるべく早く3Fを擦りカウンターを取る。
・昇竜→Vトリは-5F、暗転したら素手立弱P〜、投げ等で必ず反撃する。
・適当屈中Pには立強爪で引っ掛けやすい、ギリギリ触れれる間合いで使っていく。
・立ち回り竜巻は地上対空で落とせないので空対空。
・密着屈中Px2が手癖の人には3F暴れでリターンを取る。
・密着原人狩り垂直J強Pに前歩きで裏から素手立弱Pからコンボ

・遠距離適当波動は見てから空中トリガーを当てれる。
・開幕〜中距離適当波動は見てからCAが当てれる。
・波動後に前ステが手癖の人には引付けEXゴロを当てれる。
・安易な中距離垂直はEX竜巻に狩られる可能性があるので相手の反応次第で控える。
・ケンのVトリゲージ溜まっている場合は下がり狩りのリバサ中足波動発動に注意する。
・ケンの屈中P→4中Pタゲコンは隙間が3あるのでバクステ擦りで空中喰らいにできる、ヒットしたと思ってタゲコンいれこんでれば強P部分を殴れる。
・ケン側のEXバルセ起き攻め対策は①屈強P、②引付け中昇竜、③小足でカスヒット狙い

①屈強P:最速と遅らせでフルヒットが狙える、とりあえず手癖で押してる人には全部遅らせでいい。
②引付け中昇竜:最速と遅らせアタック使い分けでタイミングをずらす
③小足カスヒット:低姿勢Fが遅めなのでちょっとずらすだけでフルヒットが狙える。

・まとめ

全体F大きい波動は甘えということを分からせる。
一文字や奮迅脚にリスクを与える、空中竜巻はなるべく早く空対空。
必ずフレーム差を理解し、3Fを擦る、起き攻めもセットプレイミス(対空昇竜後が狙い目)の隙間は見逃さない事。
相手スタン直前はパナす人が多いので下がりや、遅らせ投げ、遅らせ打撃を混ぜる。

■ラシード

・6中Pガード後は3F擦る、キャンセルワールに割り込み、ガードしてもラシード-2なのでEXミキサー、CA以外に勝てる。
・弱ミキサーLV1ガード後も同様に3F擦る、ラシード-2なのでEXミキサー、CA以外に勝てる。
・立弱攻撃後は投げが届くので注意する、また対として中足もあるので注意、7F遅らせグラで両対応可能。
・屈強P、キャンセルワールはEXテラー、近ければ3Fで割れる。キャンセル無しでもラシード-2なので5F以内の技を出せばEXミキサー、CA以外に勝てる。
・立中P後は基本は大人しくする、ラシード+3。
・イーグル反撃はノーマルには素手タゲコンや立爪強、ダッシュイーグルにはスラやEXバルセ、トリガー、CA。
・中段はガードすればラシード-4なので反撃する。
・Vトリガーは見てから空中トリガーやEXテラーで抜けれる、テラーは転がってるところならトリガーミキサーに判定勝ちできる。
・適当牽制弱中ワールは見てから前ジャンプでリターンが取れる。
・原人狩り垂直J強Pは接触判定が大きくくぐりにくいので注意。
・ラシード側のEXバルセ対策は①中足でカス当り狙い、②前ステいれっぱで逃げる

①低姿勢Fが優秀なので注意、ラシード側は中足連打でカス当たりが狙える、EXイズナで投げることが出来る。
②位置が入れ替わって仕切りなおしバル側が端を背負うハメになるので注意する

・まとめ

弱攻撃以外の通常技フレームが微妙なので+-で差をつける。
3Fで暴れてターンを取り返しやすいのと、コンボダメ差で勝ちをとる。
相手のパナシを体力差でみてゲージを吐かせたりする、EXミキサー食らってもどうということではない。

■春麗

・小足連打に対しては下がり立中K
・跳んでリターンをとる立弱K対空表裏は割りと見えるので頑張る
・J中K先端をかすめるようにJ攻撃をやると立弱K対空は潰せる、ただ発勁には負けるので注意。
・気功拳にスラを合わせてダウンを取る
・弱中オーロラガード後にEX百裂と鳳翼扇確定なので注意
・コパ重ねにはとりあえず立弱Pで軸ずらしをし、中足空振りに反撃を狙っていく
・トリガーが使える状態の猫には注意、バルの主要牽制が負ける、どうしても潰したいなら立中K
・オーラパンチは足元の判定が薄く攻撃判定が出てると何も勝てないので発生前に潰すことを意識する
・強気功拳は見てから跳ぶと対空余裕なので注意
・気功拳後に前ステが手癖の人には引付けEXゴロを当てれる
・端EXバルセに対してEXスピバは無敵が切れたところをイズナで投げれるので狙う
・投げの後のセットプレイは弱い、打撃重ねはトリガー無いとリターンが取れず、投げも重ならないので遅らせグラが鉄板
・春側のEXバルセ起き攻め対策は①猫パン、②EXスピバ

①猫パン:イズナでポイ
②EXスピバ:遅らせアタックもしくはイズナでポイ

・まとめ

牽制合戦がキツすぎるので、基本はフレーム差で押していく。
春側の溜めを確認しつつ、溜めてる間は前に出れないのでよく見てラインを上げる。
エスパージャンプを混ぜ、上に意識を散らして玉にリスクを与える。
EXスピバガード後は立強K連打でクラカンを取りたい。

■キャミィ

・ノーマルストライクガード後+1取れるセットプレイは重ねのみ、ガード後基本的にバル有利なのでまずは3F擦り。
・EXストライクは早いだけで判定自体は強くない、バル側の何かしらの攻撃判定が出ていれば勝てる。
・様子見ストライクや垂直にはEXバルセやCAで咎めていく。
・立弱K~連携は中央なら投げ択捨てても良い、キャミィの中央投げは受身に対して+9なので何もない、立弱K→小足まで手癖なら立弱を擦っても良い、暴れ潰しの立弱K→屈弱Pならバル立弱Pで軸ずらしするとその後の立弱Pが空振りしてアローまで入れ込んでるのでスカって美味しい。
・屈中Px2連携は手癖になりやすいので3Fの擦りどころ。
・定番の強アロー受身後、小足→立中P重ねには弱Pで軸ずらしすることでその後の屈中Pがスカる、中足に切り替え出来ないやつには一生これでOK。
・上が4中P引きつけ対空メインなら爪J強Pで相打ちが狙える、ダメ勝ちできるので相手の練度によっては取り入れる、早出しやスパイクにする人にはやらない。
・バル側の立中P→屈中Pに対して通常技割りしにくいキャラなので、密度の高い連携として使っていく。
・キャミィ側のEXバルセ対策は①引きつけ中スパイク、②EXスパイク

①遅らせアタックもしくはイズナでポイ
②持続が長いのでEXスパイクが絶対に勝つ、遅めアタックにしカス当たりでゲージを吐かせる。

・まとめ

基本的には跳ばなくていい、ダメージソースがこちらの方に分があるので気持ち有利な組み合わせ。
傾向読みスパイククラカン、置き牽制、F優位な埋めをしていけば勝てる。
+1のところでしっかり暴れるのと、軸ずらしでキャミィのダメージソースを減らし、バルのダメージソースを増やす。

■ララ

・立ち回りガン有利、一生逃げてていい、爪中P各種、中オーロラ、バルセで逆逃げ(ララ側も対策有り)が有効
・守りに回ったら基本は遅らせ暴れ立弱P、サンセットは食らうものの打撃択から抜けやすい
・サンセットは割り切りで食らっていい。
・サンセット受身後は弱ボルトしか重ねられないので、守りはガード~小技で前ステ(17)からの誤魔化しにカウンター取れる
・ロデオ(ボルトK派生)、強ボルト受身後も6強Pしか重ねられない、守りはガード~小技で前ステ(17)からの誤魔化しにカウンター取れる
・適当立中P重ねには両立弱P軸ずらしでその後の屈中Pをスカして反撃
・弱チャージガード後はララ側-2、次に繋げられる小技か投げでリターンを取る
・4投げ→前ステはララ側が+2、中攻撃重ねとコマ投げならバクステ拒否で安くなる、4F以下重ねてくるならじゃんけん
・中足→弱ボルトには中足にKKKVリバでフルコン
・EXグラップガード後はララ側+3、立弱P軸ずらしで甘えられることが多い
・ララ側のEXバルセ対策は①中足カスHIT

①イズナでポイ

・まとめ

チクチク、ララの機動力の無さをついていく。
立ち回りガン有利、一生逃げてていい、爪中P各種、中オーロラ、バルセで逆逃げ等でララ側を温めること。
もし触られた場合は、損得勘定で喰らって良いものを割り切る事。
無理に暴れたりせず、サンセットを喰らって仕切り直しと思うこと。

コメントを残す


上の計算式の答えを入力してください




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

 TOP